カテゴリ     - SSW -

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
9月になったから~キャロルキング
TOP ▲
つづれおり つづれおり
キャロル・キング (2004/04/21)
Sony Music Direct

この商品の詳細を見る

ズイブン涼しくなってきました。暑さ寒さも・・のお彼岸です。

9月は僕にとって6月と並んで思い入れのある月でして、特に彼岸前後は何となく色んな事が思い出されます。って何かロマンチストみたいですが。

で、この時期にはやっぱりしっとりとしたコイツが聴きたくなります。
ベタですが、本当に永遠という言葉がピッタリと来るこの超名盤。
全世界で1000万枚(!)以上を売り上げたという「つづれおり」です。

僕自身でさえ、何枚買ったんだろう?
最初に買ったのは中古のアナログ盤で、他人に貸したり、プレゼントしたり、でCDも含めて多分10枚近く購入してるはず。
いくらコレクターと言えども同タイトルのアルバムをこんなには買わないだろ。
手元にあるのは廉価盤のボートラ付きのモノが一枚だけです。

それくらい思い入れがあるし、聴く年齢や時期なんかによって好きな曲も様変わり。今年は彼女がソングライター時代にシュレルズに書いた「Wiil You Love Me Tomorrow」がイチ押し。
詳細に関しては色んな所で語られてるはずなので省きますが、解説抜きの方が楽しめるはず。
もし未聴の方いましたら是非、と言うか絶対!オススメです。

maxaでのライブが終わってから、地元ケーブルテレビの音楽番組に、僕も参加している女性ボーカルユニット「岩田屋」が出演するため、それ用の曲をギリギリで完成させ、昨夜収録をしてきました。
僕が以前、何回かこの番組の司会をしてたこともあって何かと関わらせてもらってるのですが、周囲の人に「気が付くとお前が出てる」なんてことを言われたりするので、今回はボーカルのユイちゃんオンリーで、僕はわからないように隅っこでギターを弾いてます。

締め切り間近に死ぬ思いで作った「だからそばにいてあげる」は意外にスタッフウケが良く、一安心。OAは11月ですので、お暇な方は是非ご覧になって下さい。心配してたユイちゃんオンリーのトークも、司会の池田聡さん(僕と同年代の方には懐かしい名前では?)の名フォローで無事終了。しばらくこの事がプレッシャーだった僕には肩の荷がおりた感じです。


さて今年も終盤戦。今後の予定は11月26日にbamboo barでライブです。今回は、三重を代表するバンド「ゑびす」のボーカルであり、ライブハウスmaxaのオーナー、そして六甲おろし仲間の中山ツヨシ君との初ジョイントです。今回は久々に「めれんげ」のギター、下ちゃんも参加してくれるので、楽しみ。ジョージの命日が近いので追悼の意味も含めてやりたいと思ってます。

それとまだ日程は未定ですが、さっきの「岩田屋」のライブも12月予定。自分で自分の首を絞めてる感じ。やっぱり相変わらずな2006年の締めくくりにかかります。



スポンサーサイト
[2006/09/23 12:26] | SSW | トラックバック(0) | コメント(5)
この記事のURL | TOP ▲
僕とモリ君と「恋するチャック」
TOP ▲
リッキーリージョーンズ

大学時代「モリ君」と呼ばれる同級生がいました。
苗字が「森」なので「モリ君」と呼ばれるのは不思議でもなかったのですが、
同級生なのに年が3つ上、と言うのは少々不思議でした。
たぶん3浪だったのでしょう、本人がいない所では「モリ君」と呼ばずに「3ちゃん」なんて呼んでました。

多少変わったところがあったのでクラスのみんなは距離を置いて付き合ってたのですが、
やたら酒好きでロックに詳しく、下宿も近かった為に僕は割りに親しくしてました。

特にストーンズを語らせたら当時右に出るものがないほど、ギターもキースのフレーズを完全に弾きこなし、ビックリした覚えがあります。
サークル嫌いだった僕が大学祭に出演したのも、彼が持ちかけてきたバンド話がキッカケでした。そのバンドのもう一人のギターがfunkystuff君ですから、彼との付き合いもモリ君のおかげなのです。

そんなモリ君に教えてもらったのがリッキー・リー・ジョーンズ。

酔っ払いながら、でも冷静に、彼は言いました。
「ストーンズ以外に信用出来るミュージシャンが3人いる。それはコステロ、ジョー・ジャクソン、そしてリッキー・リーだよ」

この時、僕は18才。モリ君21才。

今、彼がどこで何をしてるのかは知りません。
でも夏から秋に変わる頃には必ずこの歌を聴きたくなり、あのアコギのイントロに触れるたびに震えます。

ありがとう、モリ君。
[2005/08/25 16:12] | SSW | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。