カテゴリ     - R&R -

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
レイドバックな週末
TOP ▲
ディキシー・チキン(紙ジャケットCD) ディキシー・チキン(紙ジャケットCD)
リトル・フィート (2007/05/23)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る

ロデオの恋人 ロデオの恋人
ザ・バーズ (2005/04/20)
ソニー・ミュージックダイレクト
この商品の詳細を見る

台風が関東地方を直撃した翌日から3日間、軽い仕事絡みで久々の東京に行ってきました。

御茶ノ水と渋谷でギターとCDの渦に巻き込まれながら
夜は仲間と「酒と音楽」の時間を過ごす、という極上の日々でございました。

同行してくれた旧友のfunkystuff君、ネット友達からリアルな友達へと変貌した「壊れ屋(失礼)」のリュウさん、そして悪魔の某ミュージシャン(爆)と付き添いのMさん、お世話になりました。

大学時代以来20年振りに訪れた伝説のBAR「菩南座」は当時の雰囲気そのまんまで僕達を迎えてくれて、リトルフィートとロウエル・ジョージ、そしてアラン・トゥーサンに酔いしれました。
名盤「SOUTHERN NIGHT」があんなに心に響いたのは初めてです。
家で聴くのとは大違い、不思議だな、音楽って。

そして僕がブログを立ち上げた頃に、たまたまそこのブログを発見し、そのグッと来る選曲がかなり気になっていた中目黒の「BIRD SONG CAFE」。
同行のfunkystuff君も気になってたようで、ネットの情報と彼の音楽的勘を頼りに夜の中目黒をフラフラと彷徨ってた所、洒落た街の川沿いで見つけたジェシ・デイビスのジャケを模した看板!
急いで前まで行ったそのビルを見上げるとバーズのジャケが(涙)。
そこがそのお店でした。

初めて来たとは思えない店の雰囲気とBGM、そして尋常じゃない音楽背景を持つマスターと、お客さんの優しさに包まれながら、いつもは飲まないジャックダニエルをロックでいっちゃいました。

あれも聴きたい、これも聴きたいという僕のわがままに付き合って頂きありがとうございました。
その夜のピークはジェシ・デイビスの「CRAZY LOVE」。
随分飲んだはずなのにほろ酔い程度で済んだのはジェシのおかげかな?

最終日の昨日は大好きなアメ横をフラフラして、念願の立ち飲み屋で昼間っからビールと焼き鳥を。そのあと近所の食堂の親子丼(鳥ばっかりだ)で腹ごしらえして何とも充実した東京の日々に別れを告げました。


そしてようやく着いた我が家で僕を待ってたのは、ビールと焼き鳥・・・
「あと親子丼作っといたからお腹空いたら食べて」だって・・・

なんでそのメニューなの?
見てたのか?アテ付けか?

今度東京行く時は一緒に連れてくからさ、
だから親子丼はお前が食べてくれよ~

ということも出来ず、黙って食べた弱い僕です。





スポンサーサイト
[2007/09/10 11:13] | R&R | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
100%楽しかった~Matthew Sweet
TOP ▲
100% Fun 100% Fun
Matthew Sweet (1995/03/14)
Zoo
この商品の詳細を見る
次回に続く・・・なんて書いてからもう二ヶ月近く。
その間も公私ともにダラダラと過ごしておりました。

もう8月だ。台風や地震やガソリンの値上がりや色んなことで大変。
これが7~8年前だと「世紀末」なんて言われて大騒ぎだったんだよな~何だかそれも懐かしい。

実は、先月末のちょっとしたイベントで、初めてDJというものに挑戦しました。先輩DJのmacy(中学の先輩でもある)の見習いってことで、二人でロックをかけまくった本番はもちろん楽しかったんだけど、かけたい曲が山ほどあってアレコレと思案しながら手持ちの音源をチェックしてる時が一番楽しかったかな。

ストーンズやフーやキンクスはもちろん、ジミヘンにドアーズにジャニス、T-レックスにボウイ、クラッシュにピストルズにコステロ、フィールグッドにインメイツにロックパイル、Jガイルズにウイルコにプライマル、そしてルースターズに鮎川に・・・と洋邦有名無名織り混ぜのノンポリシー、とにかくガツンとロックだぜ~な夜でした。

初心者の僕に途中で音の出し方や持って行き方なんかをアドバイスくれた御大DJpapa、そしてbambooタケちゃん、乱れまくってくれたお客さん、サンキュー、また次回よろしくね。

で、今回久々に聴いて盛り上がってしまったので、一番イイとこでかけた(つもりの)Matthew Sweet。こういうハードでルーズなギターが鳴ってるヤツ大好きなんだ。ポップだしね。

やっぱりギターだよな。チャボもそうだ。強引だけど。
[2007/08/04 10:14] | R&R | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL | TOP ▲
気楽にいこうぜ~カバー天国
TOP ▲
Moondog Matinee (Remaster) (紙ジャケ) Moondog Matinee (Remaster) (紙ジャケ)
ザ・バンド (2004/04/21)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


カバーアルバムが好きです。好きなアーティストのルーツを見てみたいし、何だか楽しげなムードに浸りたいってのもあるし。

その中でも最近聴く機会の多いのがコイツ。大学時代に中古屋で見つけたコレが、実は僕の初めてのザ・バンド体験。
順序的にはイレギュラーだったけど、その音や選曲は入門編としては、最適だったのかも。

これの逆パターンがジョン・コルトレーン。
最初に聴いたのが、あのあまりにも耳触りの良い「Ballad」だったので他の作品のアバンギャルドでモードな感じを受け付けなくなってしまった。あれは失敗でした。

サムクックの「Change's gonna come」や「Great Pretender」なんてバラードもイイけど、エルビスの「Mystery Train」といった渋いナンバー、それに何つっても「第三の男」が大好き。
気楽に楽しく、が音楽やるには一番、かな。

[2007/05/31 21:26] | R&R | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
不規則な生活を求めてるのか?~ジョニーサンダース
TOP ▲
L.A.M.F.リヴィジテッド L.A.M.F.リヴィジテッド
ジョニー・サンダース、ハートブレイカーズ 他 (1996/07/21)
テイチクエンタテインメント
この商品の詳細を見る

しばらく更新サボってる間に忘年会の話なんかもチョコチョコと聞こえ始める10月になりました。光陰矢の如し。わかっちゃいるけど年々、時間の経つのが早くなってきますね。何だか仕事も忙しいし、どんどん涼しくなってくるし、そのせいか古傷の腰も痛い。年齢も季節も感じられるってのもイイもんだか悪いもんだか。

以前に比べて飲みに出る機会が減って、家で過ごす時間が多いせいか、割りに音楽を聴く時間が増えてます。
寝転んでダラダラとやったり、一人で「オ~ッ!」なんて盛り上がったり、アンプラグドでテレキャス持ち出して一緒に弾きだしたり、それはそれで結構忙しい。

で、最近なぜかヘビーローテなのがこのJohnny Thunders。
数年振りに聴いたんだけど、やっぱりカッコいい。
こんな季節なんだからもっとアコースティックなやつとか、ブルージーなのとか他にあるだろうって思いながらもつい。

ルーズなギターにもつれるようなボーカル。
ジャンキーな生き様そのままの音は、ある意味チャーミングです。
ラモーンズ作の「Chinese Rock」は、ピストルズの「Anarchy In The UK」、クラッシュの「London Calling」と並んで僕のフェイバリット・パンク・ナンバー。

何だか規則正しく健康的な生活をしてると、こういう体に悪そうな音が欲しくなるのかもしれません。

先月はキャロルキングで、今月がコレ、なんてまったく節操のない僕の音楽生活。年末に向けてそろそろエンジンかけるかぁ~ってモードなのかも。

[2006/10/14 08:32] | R&R | トラックバック(2) | コメント(19)
この記事のURL | TOP ▲
1987年~知らなくても良いからコレを聴け!
TOP ▲


この年は以前「ある日のセットリスト」でも書いたようにかなりR&Rな年でありました。相変わらず伊勢の街を徘徊し、色んな面白い人達やグループと親交を深めながら、この後の自分自身の進み方を模索していたのかもしれません。

この頃かなりヘビーに聴いていたのがRockpileの「Second of pleasure」。僕の持っていたのはUSの輸入盤で、表ジャケにポケットが付いていてEP盤がスッポリと収まっているタイプのモノ。言わずと知れたパブロックのレノン&マッカートニー、いや、大瀧詠一と山下達郎、デイブエドモンズとニックロウが中心となって結成された彼らの唯一のオリジナルアルバムです。LPの方はエドモンズのR&R指向とロウのひねくれたポップセンスが融合したアベレージな音となっているものの、今となっては当時の二人の関係が最悪だった、というのも頷ける未消化な部分が多いのも事実で、両雄並び立たずってのは本当なんだなぁというカンジ。それよりもこれ以前のRockpileが全面的にバックアップしたそれぞれのソロアルバムの音を再現出来ていれば・・なんて変な妄想を掻き立てられてしまいます。
edmunds2.jpg

NL.jpg

stiffレーベルの創立に関わりコステロやダムドを世に送り出したロウと、ロウの同郷の大先輩でありストレイキャッツやファビラスサンダーバーズのプロデュースなどで功績を残したエドモンズ、と二人の残した足跡はロック界には無くてはならない物であるのは間違いないですが「ミュージシャンズ・ミュージシャン」としての評価は高いものの、日本の一般リスナーからは過小評価され過ぎ!というのが実感。もう少し知られても良いのに。でも二人とも欲がなさそうだもんな。そういう所がロックなんだよ~なんて言われると返す言葉がない・・・

で、現在のCDではボーナストラックと共にメデタク本編に挿入された当時のオマケEP盤の中身、これこそが僕のフェイバリットで、二人の愛するエヴァリーブラザーズのカバー集。その選曲の妙とコーラスワークの美しさは本家を凌ぐほど!と言っては言いすぎかな?特に「Take a message to Mary」とゴーフィン=キング作の「Crying in the rain」は絶品です(涙)アコギに乗せた二人のタイプの違う声質が絶妙の世界を作り上げていて、一時ワンサカと町に溢れてたいた、いわゆる「ストリート」系の腐れデュオ連中には正座をさせて聴かせたい~と思ったものでした。「お前ら、音楽をナメるなよ!」とか何とか言いながら。でも「その人達、誰ですか?」なんて聞かれても説明するのに時間がかかりそうで・・

もう少しだけ知名度が上がらないものか?でもそういう所がパブロックなのかもしれない。小さいバーが似合いそうだもんなぁ。だから俺も好きなんだよなぁ。連休の終わりに相変わらず逡巡してしまう私でした。

(でもこの辺りじゃなかったっけ?化粧品のCMでニックロウの「I knew the bride」がCMソングになってたの。それと「プリンシズトラスト」でデイブエドモンズが「Wonderrer」をブライアンアダムスと歌ってたのって。やってるんだよなぁ、色々と)
[2006/05/07 12:33] | R&R | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL | TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。