月別アーカイブ

  2006年08月  

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
夏の終わりに
TOP ▲
前回更新してから早一ヶ月以上。まだまだ梅雨明け前だったのに今じゃすっかり夏の終わり。これからの季節にどんな音楽を聴こうかな。
ってことで何となく面倒な事は書く気は起きないので、一通り僕の夏の終わりセレクトでお茶を濁してみます。

Beatles for Sale Beatles for Sale
The Beatles (1990/10/25)
Toshiba EMI
この商品の詳細を見る

いつの間にかアマゾンとタイアップしてたんだね、FC2。こりゃ便利だ。まずはビートルズ。ジャケットは完全に冬なんだけど、全アルバムの中で、最もチープなムード漂うコイツが夏の終わりにピッタリ。やや強引。「No Reply」がイイんだ。ジョンの声の魅力全開です。じゃ次。


Emotional Rescue Emotional Rescue
The Rolling Stones (1994/07/26)
Virgin
この商品の詳細を見る

コイツもストーンズのアルバムの中では地味めな一品。でも僕は割りに好きです。雑然としたまとまりの無さも彼らの魅力のひとつ。夏の終わりの夕暮れには「Indian Girl」を聴きたい。夏って事では「Summer Romance」もあるしね。キースの歌う「All Aboutu You」は隠れた名曲。


ガンボ ガンボ
ドクター・ジョン (1997/11/25)
イーストウエスト・ジャパン

この商品の詳細を見る

まばらな大きさなのは使い方がわかってないからなのでゴメン。いきなりのニューオリンズじゃ、夏真っ盛りって感じもあるけど、このアルバムで去り行く夏を引きずって下さい。何となく統一性がなくなってきたぞ。まぁいいや。

スペシャルズ スペシャルズ
ザ・スペシャルズ (2002/06/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る

リズムはスカでも、アプローチは完全にパンクって感じのスペシャルズですが、歌詞は気にせず「Message To You Rudie」でビール飲んだら気持ち良く酔えそう。でも「Little Bicth」の『ワン・ツー!』の掛け声を聞いたら正気じゃいられなくなるよな~。でもこれの邦題「小さい悪魔」っていうの今まで知らなかった。歌詞の内容はその邦題からは想像できない・・・


ってなわけで、夏の終わりというより、最近の僕のプレイリストでした。それではあまりにも申し訳ないので。


キャロル20 ゴールデン・ヒッツ キャロル20 ゴールデン・ヒッツ
キャロル (1996/02/25)
キティMME

この商品の詳細を見る

超定番、タイトルもその物ズバリ!の「夏の終わり」収録。中学時代、遊び友達の家には必ずこれがあった。そんな一枚。そして、

夏はあきらめた 夏はあきらめた
バンバンバザール (2004/08/25)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

あのバンバンバザールのウクレレアルバム。これは本当にイイ。演奏はモチロンですが、選曲も憎い。憂歌団の「たくわん」に、スタンダードの「スマイリン」。そして極め付けは80年代歌謡の名曲「ハッとしてGood」!彼らのセンスにはいつも脱帽です。これを聴きながら去り行く夏を(まただ)あきらめて下さい。もう少ししたら完全復活かな?の、めれんげでした。
スポンサーサイト
[2006/08/20 21:16] | Rolling Stones | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。