月別アーカイブ

  2007年06月  

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
俺のR&R!~仲井戸麗市
TOP ▲
My R&R My R&R
仲井戸“CHABO”麗市 (1999/01/27)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


6/10のライブに来てくださった皆さん、ありがとうございました。
ブルースやR&Rであんなに盛り上がれるなんて、さすが!のbambooの夜でした。

でも、ギターを弾いて歌うのって楽しいんだけど、ホント難しい。
どっちつかずになってしまう事がほとんど。
だからその分MCでカバーするのが僕の作戦^^;

その点、この仲井戸君は素晴らしいんだ。
この永遠のギター小僧が、僕の憧れのギタリストであります。

RCの頃はキヨシローのバックアップに徹し、
ともすればテク的に「ヘタウマ」なんて形容されることもあったチャボですが、
何年か前に見たソロライブの時のプレイは、もう凄まじいものでした。

もちろん弾き語りなんだけど、う~ん、何て言えばいいんだろ
曲によって表情を変える、とでも言えばいいのかな、
それとも「歌心のあるギター」とでも言えばいいか。

僕の好きなギタリストが、やたらソロを弾きまくるタイプの人じゃなくて
バッキング重視ってのもあるかもしれない。
コードのカッティングについ耳がいってしまうんです。

ちょっとまとまらないけど、チャボに関してはまだまだ書き足りないので、
僕のブログ初!の次回に続く(コレやってみたかったんだよね)ということで・・・



スポンサーサイト
[2007/06/13 11:55] | Japanese Rock | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
走れ熱いなら~PANTA
TOP ▲
頭脳警察セカンド 頭脳警察セカンド
頭脳警察 (1990/09/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

走れ熱いなら(紙ジャケット仕様) 走れ熱いなら(紙ジャケット仕様)
PANTA (2004/06/23)
バウンディ
この商品の詳細を見る


日本のロックを聴き漁っていた10代の頃の僕にとって
PANTAの存在は、特別なモノでした。
「頭脳警察」はナンパなロックファンだった僕の日常をパンクに変えてくれたし
PANTA&HAL、ソロ、となっても変わらぬロック魂は僕の憧れでした。

そのライブを、一度も体験していないことは、ちょっとした「忘れ物」。
それを取り戻しに行ってきました。

今回は菊池琢己さんというギタリストとの「響」というアコ・ユニットで、
8月にリリースされるアルバム「オリーブの樹の下で」のプレ・ツアー。

そのアルバムが、
なんとアノ「重信房子(!)」との往復書簡を通じて出来上がった歌を集めたモノ、とのこと。
久々に触れたPANTAの行動はやっぱり相変わらずなのでした。

で、そのライブ。
あのね、スゴイです。この人。、
やっぱり声がすごい。俺、大好きなんだ、あの声が。
その声に乗っかって出てくる歌詞。歌のテーマはヘビーなんだけど、それがやたら聴きやすい。最近のパンクみたいにガナリ声じゃない。
悲しみや怒りを包み込むような声、とでも言えばいいのかな。

プレツアーということもあって新曲中心で、初めて聴く歌が多かったのですが、
イラク崩壊時、フセインの息子ウダイとクサイがアメリカ軍に発見されて惨殺された時に、その場に一緒にいた14才のウダイの息子ムスターファが200人の兵士を相手に一時間以上も抵抗し、結局銃殺された、という出来事を歌ったのが印象的でした。
「彼も母の子 誰も母の子」生きたまま捕まえることも出来ただろうに。

そしてアンコールで歌ったジョンレノンの「GOD」。
もちろん日本語詞になってましたが「俺は信じない!」という声を聴いた時
ロックって、こんなだったよな、
俺、こんなロック、ちょっと忘れてたかもな。
そんなことを強く思ったのでした。













[2007/06/08 09:39] | Japanese Rock | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。