スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
布団の中でリボルバー
TOP ▲
リボルバー

オタフクで世間から隔離されてもう10日以上。やっと痛みもソコソコになり何とか食事も摂れるようになってきました。しかし一日が長い。とは言っても特に何をするでもない予想外の大型連休、静かに闘病生活を送りながら、今月は休んでしまった月一ライブ、来月からの復帰に向けて色々とアイデアを練ったりしています。

長らく放ったらかしにしてあったCDや、読まずに積んであっただけの本を手に取る時間を作れたのが収獲でしょうか。一年近く置きっ放しだったリリーフランキーの「東京タワー」、絶対に泣くもんか~と気合を入れて読みましたが、敢え無く術中にハマりボロボロ泣きでした。でも面白かった。リリーのエッセイのセンスは大好きだったんですが、ああいう小説の中でも随所に見え隠れする彼のサービス精神溢れるユーモア感覚にも脱帽です。

で、体が弱ってるにも関わらず、ヘビーローテだったのがこの「リボルバー」。「Here There And Evereywhere」で体を癒すのが目的だったのですが、超絶のスイートメロディを包むソウルな世界に引きずり込まれたのが運のツキ。いても立ってもいられなくなっちゃいました。ゴリゴリの固くて冷たいファンクチューン「Taxman」、眠気を誘いそうなのに寝かせてくれない「Im Only Sleeping」。病気の時に聴くもんじゃありません(笑)。何たってサイケのハシリですから覚醒されて当たり前。

でも「ラバーソウル」がジョンのアルバムだとすれば、この「リボルバー」はやはりポールの物。その後の主導権の変遷を見れば明らかですが、それにしてもこの時期のビートルズ、というかこのバンドと同じ時代を生きられなかった自分が悲しい・・と改めて後悔してしまう程の超名盤です。

何たってこの「リボルバー」に同時期にレコーディングした「Paperback Wrighter」と「Rain」が入ってないんですから。この2曲を入れなくても素晴らしいと言われる程の物を作りあげてしまった彼ら、音楽の神様、あまりにも肩入れしすぎじゃないですか。

ポールの才能全開のこのアルバムですが、ジョンには「Tomorrow Never Knows」があります。当時の録音機材の限界を超えるその音世界は彼ならではのもの。と、ついつい弱った体にムチ打って力が入り過ぎてしまうのでした。

個人的には「She Said She Said」が大好きです。何て事はないR&Rでさえ変拍子や奇妙なコード進行を取り入れて普通には終わらないヒネくれたジョンのセンス。そして改めて聴いたこのアルバムが好きな理由は、やっぱりゴキゲンなギターサウンドだったからでした。早く全快してギターを思い切り弾きたい、って思わせてくれる。ありがとう。


スポンサーサイト
[2006/04/25 09:54] | Beatles | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪1986年~狂犬に気を付けろ | ホーム | 1985年~最初で最後の大学祭≫
コメント
ありがとうございます(T_T)
>リュウ様
足の指5本骨折!それに比べれば僕のオタフクなんてどうって事ないですね(^_^;)
長い一日を有意義に使えると良いのですが、華々しく復活出来る日を夢見ながら充電します。ありがとうございました♪
[2006/04/26 21:41] URL | melenge40 [ 編集] | TOP ▲
だいぶ回復されてきたみたいで、
1安心!
昔、自分も人をよけ、転倒。
足の指の骨5本骨折した時、
同じような隔離された世界で生きていたことが・・・・。(笑)
もちろん音楽&本、そして映画三昧。
こういうとき真剣に聴いてしまうの、良く解かります。
で、結局寝れなかったり。(笑)
今となっては楽しい思い出です。
当時は痛いし最悪でしたが。
あと、もう少し!
G、思い切り弾いちゃってください!
それでは!
[2006/04/25 19:53] URL | リュウ [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://melenge40.blog20.fc2.com/tb.php/37-9f7b9d1d
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。