スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
Zi:LiE-YAライブ~菊様、ありがとう
TOP ▲


昨夜は僕にとっての初「柴山俊之」ライブでございました。場所は松阪maxa、バンドの名前は「Zi:LiE-YA」。とんでもなく素敵な夜でした。

少しソワソワしながら店に着いたのが開演予定の5分前、とりあえずビールを飲みながら待ってる間はいつもと変わらぬライブ待ち、でもオープニングのSEが流れ客電が落ちた瞬間、僕の中のスイッチが入った様な気分に。そして突然始まった爆音とともに何かが弾け飛びました。そして現れた「菊」。その姿を見た瞬間に、あ~っと、涙が溢れてきました。何だか良くわからないけど、なんで泣いてるんだ?俺。さっきからずっと飲みながら「もし日本にサンハウスというバンドが存在してなかったら、俺は今頃ロックを聴いていただろうか?」なんて考えていたわけです。こういう仮定は不毛だとわかりながら。でももしサンハウスがいなっかったら、きっと日本のロックは全然つまらない物になっていたでしょう。「いや、その代わりに誰かが同じようなことをやっていたよ」などという反論は今日に限っては一切受け付けません。だから菊が僕の前に現れた時「ありがとう、菊さま~」となって溢れる想いとともに涙が出たんでしょう。

ライブは「Zi:LiE-YA」「ブルースライオン」のナンバーを中心に進めらました。それぞれの曲は、もうロックの王道中の王道、リフやリズムなど何処かで聴いたことあるけど気にするな!って感じが相変わらず。メンバーも歴戦のツワモノ揃い。寺岡(アナーキー)と大島(前にキヨシローとやってなかったっけ?違うか?)のリズム隊は強力だし、内藤幸也(ARB)もさすが。そして何より各自の菊に対するリスペクトが音に表れてました。それ故の爆音か?

サンハウス・ナンバーは本編で「キングスネークブルース」(当然マイクスタンドのパフォーマンスも有り)「地獄へドライブ」「アイラブユー」、そしてアンコールで「ビールスカプセル」「爆弾」「ホラ吹きイナズマ」「カラカラ」等。もう何も言うことありません。でも「レモンティー」は聴きたかった。いや、今度の楽しみに取っておきます。

上手く書ける気がしなかったレポですが、早く書かなければ・・という気持ちだけで書いてます。イギーポップばりに(メイクをしたルックスはどちらかと言うとオジーオズボーンでしたが。失礼)いつもの上半身裸で歌い続ける菊を見ながら、まだまだこれからだよな~とシミジミしてしまった僕でした。でも元気だよな、菊。

終演後、ミーハーながら写真を一緒に撮ってもらい、最後に「アナタがいたおかげで、僕は今もロックをやってます。」と握手をしました。菊は酔っていて、でも「ウン」と言ってくれました。この人の隣でレスポールを弾く鮎川・・・どうしても見てみたい。

スポンサーサイト
[2006/05/13 14:58] | Japanese Rock | トラックバック(2) | コメント(7)
この記事のURL | TOP ▲
≪SHYライブ~ありがとう、さよなら、また会いましょう | ホーム | 1987年~知らなくても良いからコレを聴け!≫
コメント
12/10 博多のロックに体当たり!@Zepp Fukuoka
はじめまして、hakata-rock.net編集部と申します。
このたび12/10にZepp Fukuokaにて『博多のロックに体当たり!』というイベントを開催します!
ロックシティ博多を生んだ偉大なミュージシャン達の宴となるこのイベント、出演はSHEENA&THE ROKKETS、柴山俊之、THE HUNDREDS、HEATWAVE、ROCK'N'ROLL GYPSIES、山善BANDほか、司会は深町健二郎です。
料金は、前売¥6,000です。よろしくお願いします(^^)
[2006/11/12 00:55] URL | hakata-rock.net編集部 [ 編集] | TOP ▲
こちらこそごぶさたです
>フレ様

機会があれば是非。綿々と続く日本ロックの歴史に触れれば、脳天を叩き割られること間違いなし!です。
[2006/06/25 11:40] URL | melenge40 [ 編集] | TOP ▲
お久っす!
お~、サンハウス!…じゃなくてジライヤですか、自分もまだライブ見てないのですが、やっぱ感動しそうですねぇ。でも何となく見るならサンハウス!って思ってて絶対何かの機会でやると思ってるのでそのタイミングをず~っと待ち続けてます…。でも多分泣くだろうな…。

P.S.
RSSリンク貼っていただけると助かります…。
[2006/06/24 09:39] URL | フレ [ 編集] | TOP ▲
こちらこそ♪
>bamboo papa様

遅くまでありがとうございました(^O^)
shyのライブレポも落ち着いたらアップします。また面白い事やりたいですね。相変わらずのご贔屓をよろしくです。
[2006/05/26 03:05] URL | melenge40 [ 編集] | TOP ▲
今夜はお疲れ様・・
関係ない ところに コメントいれてすんません^^;
今夜のSHYは よかったよな~ 僕的にはまた来て欲しい ミュージシャンです。
ARBとかは あまり解らない世代で ごめんね^^;
ARSとかは 好きです^^
[2006/05/25 03:45] URL | papa [ 編集] | TOP ▲
>リュウ様
早速のコメントありがとうございます。
存在感で圧倒されるライブは久しぶりでした。菊がいるだけでそこにロックが、と言った感じでしょうか。
何しろサンハウスを聴いてから20年以上、生を体験したのが遅すぎる僕ですが、その長い年月が興奮度を高めてくれました。
[2006/05/14 17:59] URL | melenge440 [ 編集] | TOP ▲
キングスネークブルース,
ビールスカプセル
地獄へドライブ・・・・・(絶句)
もう何もいう事が出来ません!
内藤幸也(ARB)、この人のGを聴く為、新生A.R.Bを買いました!
でも、melenge40さんの言うとおり、
この人の隣でレスポールを弾く鮎川を
切に見たいです!
サン・ハウス1日でもいいから、
復活してください!

[2006/05/14 01:12] URL | リュウ [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://melenge40.blog20.fc2.com/tb.php/40-1e7728e0
サンハウス
 1960年代の終わり頃、我が国日本でもロックンロールの先駆者達が遠きイギリスのサウンドを聴いて自らの仲間と共に試行錯誤を繰り返して独自のロックンロールを編み出していった。誰が最初でなんてのはもちろんわから
ロック好きの行き着く先は…[2006/06/24 09:40]
サン・ハウス!(日本)
 その昔、東の村八分、西のサン・ハウスと言われていた時代があったそうな。村八分には、あの山口 富士夫(ダイナマイツ)というGが、サン・ハウスには鮎川 誠というたいそうなGが
その日暮らしの音楽日記[2006/05/14 01:14]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。