スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
メインストリートのならず者
TOP ▲
メイン・ストリートのならず者(でかジャケ) メイン・ストリートのならず者(でかジャケ)
ザ・ローリング・ストーンズ (2006/03/15)
東芝EMI
この商品の詳細を見る

何だか体調すぐれず、それは今日から9月になったせいではなく、年のせいなんだろうな。何つっても厄年ですから。でもライブまではあとわずか。体調整えてやんないと。長年の夢、40超えてルースターズ。もうスグですからみなさんよろしく。

そんなときにはこの一枚。最近かったるくてこんな書き出ししか出来なくてごめんなさい。たぶん20年以上前、当時住んでた家の近所の中古レコ屋で1200円くらいだったかな?ジャケは不気味でカッコ良いし、何たって2枚組!アナログ盤の見開きジャケットが好きでした。そのバンドやアーティストの裏側を覗いてるような感覚が。CDのボーナストラックよりも、何だか近付いた感が強かったような気がします。

当然リアルタイムじゃないんだけど、流れとしてはサイケやヒッピームーブメント期を命からがらくぐり抜けた彼らが「Beggars Banquet」でルーツであるブルースへの回帰を図り、「Let It Bleed」でカントリーに対する愛情を示しつつライクーダーからフレーズを頂戴し(笑)、「Sticky Fingers」ではあの有名なベロマークやアンディウォーホル制作のジッパー付きジャケを含めてポップな路線へと流れて行き、その次がこの「メインストリートのならず者」と言うことになるわけですが、こんな流れを一年一枚のペースで作り上げていったなんて、まさに驚異的。このあとまた75年まで毎年アルバムを発表するってんだから、この時期の彼らの動きが既にR&Rなわけですよ。もうたまらない。

さて前置き長くなりましたがこの一枚は絶対に僕の無人島レコードです。出来ればアナログを持って行きたいけどレコードプレイヤーはあるのか?その無人島には。そもそも電気は通ってるのか?なんて古いネタは置いといて(恥)やはりこのアルバムはアナログで。各面の表情の違いや1曲目や最後の曲なんかをじっくりと堪能したい。でもこういう小難しいこと言うと「うるさい!」なんて言われそうだから、まずは聴け!ってことで。ミックテイラーの脂の乗り切ったギタープレイ、脇役に徹しながらもゴキゲンなリズムとリフをカマしまくるキース、そしてリラックスしながらも時折鬼気迫る声を響かせるミック。いやぁ、書いてるだけで興奮してきました。最近、71年のTV用のライブのブート映像を入手しましたが(サンキューfunkystuff君)もうスゴイ事になってます。たぶんこのアルバムが録音されたのがその前後だと思うので、そのテンションには納得です。

「Rocks Off」や「All Down The Line」「Tumbling Dice」と言ったライブの定番曲はもちろん、「Sweet Virginia」でのカントリーなんかはポップでよろしい。カバー曲も僕の大好きなスリムハーポの「Shake Your Hips」にロバジョンの「Stop Breaking Down」と選曲は相変わらずニクイばかり。「Loving Cup」や「Ventilator Blues」なんてまさにこの頃のストーンズならではの勢い。そして、僕が死んだら葬式でかけてもらうのはこの曲!と決めてある、ゴスペル風味たっぷりの「Shine A Light」・・・

このアルバムを聴いて、体調を戻します。

スポンサーサイト
[2006/09/01 20:48] | Rolling Stones | トラックバック(3) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪40超えてもロックでいこう♪~ホルモナーズ Live レポ | ホーム | 夏の終わりに≫
コメント
>フレ様

そう、「リップディスジョイント」なんて、もろガレージっスね♪底辺に流れる物は同じだけど、このアルバムしか持ってない匂いがそれです。夏バテ解消にはピッタリかも(^O^)
トラバもありがとうございます。
[2006/09/03 03:06] URL | melenge40 [ 編集] | TOP ▲
夏バテ復活しましょうっ!
名盤を聴きながらエナジーをもらいながらパワーアップっ!ストーンズの中で最もガレージ的サウンドのするアルバムですよね。
[2006/09/02 19:33] URL | フレ [ 編集] | TOP ▲
>samyu様

どうもごぶさたです♪涼しさに体が付いていけなくて(^_^;)この時期は大好きな季節なんですが、寄る年波には勝てません…
ライブまであと少し、でも大丈夫でしょう。残念ですが、またレポをアップしますのでお楽しみに。では、ありがとうございます~(^O^)
[2006/09/02 17:12] URL | melenge40 [ 編集] | TOP ▲
>リュウ様

今回はいつも以上に熱いですね(^O^)でもわかります。おっしゃる通りブラックな感じが満載、それもストーンズ流の解釈で、と言うその後の彼らの原型を成すアルバムですよね。
雑多な印象もありますが、ロック度の高い人には評価が高い、ストーンズにとっての「ホワイトアルバム」ってとこでしょうか?
トラバもありがとうございます。参考にさせてもらいます(^o^)/
[2006/09/02 17:08] URL | melenge40 [ 編集] | TOP ▲
こんにちは。体調いかがですか?
ルースターズ、最近、またまたライブ音源ばっかり聞いております。
ライブもうすぐですね~。う~~聴きたいなぁ。ほんと、近ければ!です。
[2006/09/02 09:31] URL | samyu [ 編集] | TOP ▲
もう我慢できず、調子に乗って2つT.B飛ばしてしまいました。(汗)
>僕が死んだら葬式でかけてもらうのはこの曲!と決めてある、ゴスペル風味たっぷりの「Shine A Light」・・・


これに激しく頷いている自分がいます。(笑)
名曲ですよ!
そもそも今、黒人音楽聴こうとしている最大の動機が、このアルバムです。
黒人音楽聴けば聴くほど、このアルバムの凄さが、もう・・、言葉になりません。
それくらい思い入れがあると言う事で、無遠慮な振舞い、許して下さい♪
[2006/09/01 22:18] URL | リュウ♪ [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://melenge40.blog20.fc2.com/tb.php/50-6efd9702
The Rolling Stones - Let It Bleed
 1969年、今や大御所となったストーンズも動乱の時期を迎えていた。バンドのリーダーでもあったブライアン・ジョーンズはヤク漬けになっていて全くその才能が使い物にならなくなっていた時期、そして次なるギタリス
ロック好きの行き着く先は…[2006/09/02 19:32]
Rolling Stones!
今晩は!いよいよ待望のRolling Stones In Japanまで、あと10回寝れば、めでたく、その日がやってくる!やった~!イエイ!(アホ) こうなれば、色々Ticketの問題もあったけど、無事に来日して欲しい!Live待ってま
その日暮らしの音楽日記[2006/09/01 22:13]
Exile On Main St
前回から、やや脱線気味な傾向が続いていますが、今回も脱線していこうなんて、考えるあたり、この異常な寒さのせいかなぁ? Ron Woodのソロ(前々回、紹介したやつね!)を聴いたあと、何故か、無性にききたくなっ
その日暮らしの音楽日記[2006/09/01 22:10]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。