カテゴリ     - R&R -

≪前ページ    
スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
1985年~最初で最後の大学祭
TOP ▲


41才にしてオタフクを患ってしまい、激痛と高熱と顔面変形と戦っています。もう子種は要りませんから、とりあえず固形物が食べられるようにして下さい。液体と薬と点滴だけの毎日は何とも味気無いものです。いくら液体とは言え、酒はさすがに自重してます。でも酒の無い夜の過ごし方を知らない僕にとって肌寒い春の夜は長くて辛い。その上、一応は感染病なので家族とも隔離され・・心ある方、コメントください・・・

と、情けなくもカッコ悪い書き出しでスミマセン。まさかとは思いましたが本当にオタフクです。でも「オタフク」って何ともマヌケな病名だ。正式名称は何て言うんだろ。まぁいいや。早く酒飲めるようになりたい。少々お待ちを。

で、今回は1985年、僕も20才になり公式に酒をガツンと飲めるようになった頃の事です。この年の思い出と言えば大学祭です。どのサークルにも所属してなかった僕は前年まで大学祭とは無縁でした。が、この年は同じクラスのモリ君の紹介で、バンドをやる為に一時的に「オリジナルソング研究会」(スゲェ名前だ。本当に研究してたのか?)というサークルに入会し学祭デビューを無事果たしたわけですが、そのバンドで出会ったのがこのブログにもリンクしてあるfunkystuff君でした。

ラインナップは僕がボーカル、funky君とモリ君がギター、ニシキ君(サークルの部長)がベース、そしてエッちゃん(アルフィーの坂崎似の女の子)がドラム。言わばストーンズスタイル(5人というだけですが)のバンドでした。選曲は僕とモリ君とfunky君でやったわけですが「Walking the dog」「Live with me」「I got the blues」と言ったストーンズナンバーに、ドアーズの「Love me two times」やTレックスの「Teleglam sam」など、と、かなりフレキシブルと言うか何でもアリの様相でしたね。でもモリ君とfunky君のギターのコンビネーションはなかなかのもんでしたよ。ただ「オリジナルソング研究会」のわりには全部カバーで、ただただ目立ちたいだけ!ってのがミエミエでした。

当時なぜか僕はTレックスがお気に入りで、ほとんど毎日のように聴いてた時期でありました。グラムの帝王なんて呼ばれてましたが、動く姿なんて見たこともなく歌詞の意味もわからずのまんま、ただただそのサウンドに惹かれていたんだと思います。重厚な音の中でこそ光るあのギターのカッティング、そして人間の快感と不快感のスレスレを不安定に紡ぐマークボランの声。それと音を聴くだけで、触れてはいけない「背徳」といった匂いを感じ、当時の僕にはたまらなく魅力的で、快感のツボを刺激してくれました。

でも今聴くときっと痛みが増すだろうなぁ、あの音は。

あっ!思い出した。20年前から頼んでる学祭のテープ、そろそろコピー頼むよ、funkystuff君。俺もズイブン長いこと借りっ放しのDVD返すからさ。
[2006/04/16 19:40] | R&R | トラックバック(0) | コメント(7)
この記事のURL | TOP ▲
やっぱり今年はR&Rで行こう
TOP ▲


早いもので10月も後半です。ここんとこ仕事が忙しく外に出る機会もなく過ごしています。ですが年末に向けてソロソロって事で、まずは手始めに10/30には四日市の「ガリバー」で初めてのライブです。以前から噂は聞いていたのですが、なかなかお邪魔する機会がなく「何とかならんかなぁ」と思ってたところでお会いしたのが奥田めぐむさん。で、頼みこんで対バンさせてもらう事となりました。作りはモチロン、音も素晴らしいとのことですので楽しみにしてます。近所の方、良かったら遊びに来て下さい。

お~っと、その前に10/28には僕の大先輩bambooマスターの結婚パーティがmaxaであります。突然のことでしたが何はともあれメデタイ。そこでも19才のユイちゃんと、29才のユウスケとのトリオで40才の僕が歌わせてもらいます。

そして何故か今年は結婚ラッシュ、僕の相棒のクレイジーギタリストが電撃結婚!良かった良かった。そのパーティも11月にmaxaにて。当日は大R&R大会かな?あちこちのバンドマンが楽器片手に集まるようです。

結婚と言えばもう一組、キッチンJと言うバンドのボーカルが12/4だ。彼には僕の結婚パーティの司会をしてもらってる事もあり、二次会を手伝うことになってます。

そして忙しいついでにもう一つ。クレイジーギタリストの行きつけのお店が、これもメデタク10周年!ってことで11/6に記念BBQ大会を催すそうで、そこにもギター担いで参戦します。オーナーさんのご自宅のお庭でアコギでビートルズだぁッ!お庭と言ってもリゾート地のど真ん中、100人くらい余裕の広さと言うことです。

何だか書いてみると年末に向けてって感じですね。例年ならこの時期にはトム・ウエイツやキャロル・キング、ジョニ・ミッチェルあたりを聴きながら夜長を過ごすものですが、今年に限ってはそうも言ってられません。やっぱりR&Rな2005年です。

熱くて狂おしいR&Rと言えばこの人、リトル・リチャード。
何たってR&R。そしてとんでもなくクレイジー。


[2005/10/23 20:00] | R&R | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL | TOP ▲
特に何もない一日
TOP ▲
ゲットハッピー


台風は関東方面に行ってしまい、この辺は無事でした。

久々に聴いたこの一枚。

量質ともに最高の出来。

コステロになりたかったな。
[2005/08/26 18:34] | R&R | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL | TOP ▲
確かに…
TOP ▲




各所で既出だとは思いますが、
ありそうでなかった2ショット。

色んな意味で、見たくもあり見たくもなし(苦笑)

でもこの二人がもしいなかったら地球の上の音楽は
現在の形を成していなかったでしょうね。

キース「最近ロックは溢れてるけど、ロールはどこに行ったんだい?」
ポール「なるようにしかならないよ」
[2005/08/21 10:38] | R&R | トラックバック(1) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。